HOME>アーカイブ>端午の節句の飾りには男の子の誕生のお祝いと無事に成長するよう願いが込められている

端午の節句の飾りに込められた願い

5月人形

五月人形は端午の節句に飾りますが、人形を飾るようになったのは江戸時代になってからです。端午の節句は奈良時代からあり、貴族達が厄除けの意味から薬草の菖蒲を軒先につるしたり、お湯に入れて菖蒲湯にしたりしていたようです。鎌倉時代になり武家中心の世の中になると菖蒲を尚武や勝負と解釈するようになります。そして江戸時代になると兜や鎧を飾るようになり、それが庶民の間に広がって現代のような五月人形や兜になったとされています。ではなぜ兜や鎧を飾るのかというと、それを形代として子供の身代わりにしたのです。また兜や鎧は武士の命を守る大切なものであることから、子供の厄を引き受けて守り、無事に成長させてくださいとの願いを込めたのです。

いつ飾るのが良いのか

5月人形

五月人形を飾る時期に特にルールはないです。端午の節句の1週間前から2週間前に飾るのが一般的で、詳しい決まりはありません。ただし一夜飾りは厳禁だとされているので注意します。一夜飾りとは5月4日の前日に飾ることですが、その理由は急ごしらえになるので神様に対して失礼であり誠意に欠けるとされるからです。これはお正月飾りにもいわれていることなので知っておいた方が良いです。片付けについてはこれもまたルールはないので、端午の節句が終ったらすぐ片付けても良いですし、長く飾って楽しむのも良いです。ひな人形のように早く片付けないと不都合があるというような言い伝えはないです。

人形は代々受け継いでも良いのか

5月人形

五月人形は代々受け継ぐ、また兄弟で共有しても良いのかですが、本来はひとりひとりに用意するものです。五月人形の本来の意味は形代であり、子供が大人になるまでの厄を引き受けてくれるお守りでもあります。1つのお守りを2つに分けることができないように、五月人形は1人に1体がルールです。スペースの都合でいくつも置く場所がないときは小さめの武者人形を準備するのも良いです。子供が成長して大人になったら五月人形の役目は終ります。長い年月、子供の厄を引き受け守ってくれた人形です。一般のゴミと一緒に処分するのではなく、神社や寺院で人形供養をするのが一番望ましい方法だといえます。